Telemedicine

 

医療難民をゼロに、遠隔医療でいつでもどこでも医療を享受できる環境に

 

Telemedicineは遠隔診療です。オンライン診療が注目されていますが、5G通信により今後多くの医療サービスが遠隔で提供されるようになります。

5G通信は超高速・超低遅延延・超多数同時接続での通信が可能です。これにより、医師対面ではなくても高品質な医療が提供できるようになります。都市圏への医師の偏在問題を解決し、医療過疎地域との医療格差をなくします。

具体的には次のようなことが実現できるようになります。

スマートフォンやPCを利用して、患者さんの都合の良い時間・場所で診察ができます。インターネットが繋がっていれば海外でも可能です。

My Karteと連携させることで、より正確な診断に役立ったり、患者さんが気づかなくても医療機関側から診察を勧めることも可能になり、重症化の防止や予防医療ができるようになります。

AIによる正確な問診により診察のサポートができます

 

■医師 対 医師の遠隔病理診断・画像診断

本来は安定したネットワークのある院内ネットワークでしか使用できなかったCTなどの超高精細画像をリアルタイムで遠隔地でも確認できるようになります。例えば、離島の総合診療医が本土の専門医のサポートをアルタイムで受けることができるようになります。

 

■救急車へのリアルタイム指示

医師は病院に居ても、リアルタイムで救急者内の患者さんを診ながら、救急隊へ指示を出し続けられます。

 

■遠隔手術

専門的な外科手術ができる医師が居なくても、遠隔手術機器を遠隔操作することで、患者さんの治療を行うことができます。

 

■スタッフ教育

専門性の高い外科手術では、その術式を覚えるために手術に参加することが必要でした。手術をリアルタイム配信することで、離れた場所に居る若い医師の教育に役立ちます。さらにVR(仮想現実)技術を組み合わせることで、様々な角度で病変部位や手技を観察できるようになり、医師のレベル向上に役立ちます。

Comments are closed.