Techにより医療格差をなくします

Techにより医療格差をなくします

これまでは診察は医師と対面で行われるのが当たり前でした。一方、データヘルステクノロジーの進化によるヘルスデータ管理の革新、5Gによる小遅延の高速大容量データ転送、8K16Kという高精細化画像、AIによる問診テクノロジー等で、医師対面と遜色のない診察を、遠隔端末から受けられるようになってきています。離島など病院が近くにない人はもちろん、足が不自由な人、病院に行く時間が無い人にも、医療を身近にしてもらい、最高の場所で最高の医療を提供することができるようになります。

地方や離島などの医療過疎地域でも都市部と変わらない医療を受けられるようなり、都市部への医師の偏在問題という社会問題を解決することができます。

No Comments Yet.

Leave a comment

You must be Logged in to post a comment.